So-net無料ブログ作成
お勧め本 ブログトップ

響きわたるシベリア杉シリーズ [お勧め本]

オーストラリアに来てから英語力上達のために、大量の洋書を読むようになりました。読んでいる本をすべてお勧めしたいところですが、日本では和訳が出ていないためブログに取り上げていません。これまでに読んだ洋書は、フェイスブックの本(『読んだ本』)のカテゴリーに入れていますので、洋書でトライしたい方はぜひご参照ください。

ということで、今日は久しぶりに和訳が出ているお勧め本をひとつ。この本との出会いは、数ヶ月前に私が近所で撮ったこの写真↓↓にインスピレーションを得て、心友でヨーガ療法士のSanaさんからご紹介いただいた本です。

1464631_10152725843947673_3119141462654300644_n.jpg

この木がまるで、アナスタシアのようなのです。アナスタシア...

『響きわたるシベリア杉』 シリーズ全9巻(1巻ー8.2巻まで)アナスタシアは、第一巻目のタイトルです。

日本では1巻から3巻までの和訳が終わっています。また2014年10月20日に、4巻目の翻訳が出版される予定です(参照ウェブサイトとして本分下記からリンク)。英語の翻訳版はすでに全巻完結しています。一巻目が書かれた後、著者本人の手からロシアの路上で直接配られ、そのうちに口コミで世界20カ国に広がりました。

著者はロシア実業家であるウラジーミル・ミグレ氏で、シベリア杉を追っていた2005年に、ロシアのタイガ(奥深い森)で美女アナスタシアと出会うところから始まります。彼のビジネス事業に関する手記のようであり、絵空事のようであり、スピリチュアリティが重んじられるこれからの「目覚めの時代」に、この新分野で成功する実録記のようでもあり、子ども向けファンタジーのようであり、、信じるか信じないかは重要ではなく、、読みたい心にただ触れて広がっていくような本なのでしょう。カテゴライズできない本ほど、すべての人に読まれたい本なのかもしれませんが...全巻にわたって全人類に在る精神性がシンプルに描かれています。

例えば、いつもの日常の、とある瞬間にふと湧き出る「生きることに関する とらえがたく 生きる上では決定的な こたえのない 確かな疑問」が紐解かれていくような本です。私的には、『* パーマカルチャー、* バガヴァッド・ギーター、* 般若心経、エックハルト・トール( * " Power of Now "の著者)、スターウォーズの世界(* ジョーゼフ・キャンベル)、* アニミズム、* シュタイナー教育、などの根源に存るエッセンスが、シンプルに書かれている本』。読みすすめる程に、どんどん優しく、心大きな人間になっていく気がするような、とても不思議でリアルな本です。(*青太字はウィキペディアへリンク)

「あー人生どうしよー(でも行動しない)」、「心の中にあるわだかまり、なんかそれが自分の人生決定してる気がする、これなんだろ」、「どの仕事が自分の天命かわからないけど、これじゃないことは確か...でもそもそも何がしたいかが長らく不明」、「生きる意味?」「愛とか魂ってなに、そもそも育めるたぐいのもの?」、「この社会や教育システムの在り方はこのままでいいのかな、深すぎて広すぎて無理 ... なんかひっかかるけど、明日も忙しいし寝よう」、「もう限界、身体的にも精神的にも日々の暮らしが限界を超えてる」、「周囲や社会から何ソレする年齢でしょとか言われても、したくない、のにして(させて)しまう自分...あー...」、 などと頭を忙しく回転させては結局解決の糸口がなく流しまくってきた昔の私のような人間にお勧めできる本です。


人と自然の関係(宇宙銀河から見た人類の位置)、緑(菜園)を育てることの意味、私(エゴを持つ私)と(私の内に存在する)偉大な存在との関係、人の心にある大いなる魂とは、「愛」を育む方法、父親の役割、母親の役割、子育ての在り方について、いろいろなテーマについて書かれています。知りたい事があれば、著者にお手紙を書かれるとよいと思います。もちろん教科書やテキストやノウハウ本ではありません。個人の中にある大いなる存在が、それぞれの人生を善き方向へと導いてくれるように、道しるべを立ててくれるような本です。


ちなみに、例えアナスタシアが実在するとしても、タイガや彼女を訪ねる旅は必要かどうかはわかりません。それぞれの知りたい「答え」はすでに内に存在しており、その人それぞれの愛から発せられる勇気あるピュアな行動により、それぞれの答えへと導いていきます。またアナスタシアが例え存在しないとしても、宇宙の声、あなたの心の声を代弁してくれる「彼女」に会いたいという強い想いは、静かな座禅の時間に音もなく心に届けられ、行動、すなわち日々生きることで自然と然るべきこと・場所へと導かれることでしょう。アナスタシアも文中で語っています、私に愛してくれてありがとう、会いにきてくれることよりも、世界の在り方を変えていくために今あなたができることは、今その場所からあなたの意識...っと、この先は本でお楽しみください。
そしてまた、ミグレ氏率いる実業家協会が世界中に広がり、ビジネス業界から世界を善き方向へと成長させ、人類の魂を尊重しつつ互いに成長していける健やかな想いが着実に広がることに私も賛同しています。


『響きわたるシベリア杉 シリーズ4巻目』の和訳は、日本で今月出版されるようです。私も4巻目に突入です。

アナスタシア・ジャパンウェブサイト
http://www.anastasiajapan.com/

オーストラリア版ウェブサイト
http://www.ringingcedars.com.au/

北米版
https://www.ringingcedars.com/

お勧め本 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。